『秋葉原』『神田』の賃貸事務所・オフィス・店舗物件

ALDO株式会社

『秋葉原』『神田』の賃貸事務所・オフィス・店舗物件などをご紹介させていただきます。千代田区の物件をお探しの方はALDO(アルド)株式会社にお任せを!懇切丁寧がモットー!仲介手数料最大無料です!

ALDO株式会社
営業時間:10:00 ~ 19:00
定休日:日曜日

03-3525-4149

不動産ナレッジ・データベースALDOCKS(アルドックス)

退去する時も想定しておこう!原状回復工事の項目について

賃貸知識退去する時も想定しておこう!原状回復工事の項目について

起業した人にとって、オフィスや店舗を構えるというのは、ハードルの高いことです。ところが、契約をしたからと言って安心はできません。なぜなら賃貸物件はいずれ退去する時が来ます。そんな時になって、立ちはだかる現状回復工事という問題があるからです。

契約時に知っておくべき現状回復工事の概要

"原状回復工事とは、借りた物件の状態を入居時点まで戻す工事のことです。一般的な住居用物件でも同様の規約があり、例えば通常発生しえない傷があった場合は、その修繕費用を後から請求することになります。慎重な人ならば、入居時に注意深く最初の状況をチェックすることでしょう。
このため、オフィスとして物件を借りる時も「ああ、現状回復なら知っているよ」と考えがちですが、ここに大きな危険が潜んでいます。実は、オフィスなどの用途で契約した場合、住宅とは違ったルールで原状回復工事をしなければならないことがあるからです。
と言うのも、内装の変更をどれだけするかは、借主の業態に大きく左右されるので、貸主側は一切を借主に任せる代わりに、全てを回復することを条件に契約を結んでいることがあるからです。最悪の場合、ほとんど内装を変えていないのにも関わらず、過剰な回復工事を求められてしまう可能性があります。"

どこからどこまでを撤去しなければならない?

"広い部屋に間仕切りを用いて区切る、特別な什器や器具を導入していた場合などの撤去は、言わずもがな撤去をしなければなりません。飲食店の設備などは撤去対象として分かりやすいものですが、カーテンや扉の他、水道や電源回りについても対象です。
仮に、最新の設備を導入した場合でも、契約内容によっては撤去が必須です。「折角なのに!」と思う気持ちがあるかもしれませんが、貸主側としては次の入居者がどのような企業か分からないため、後々になって邪魔になっても困ります。このため、現状回復が原則となっているのです。
最も注意したいのは、オフィスとして物件を借りた場合、床や壁、扉、照明といった全ての内装について、原状回復を求められることがある点です。オフィスとして利用していただけの場合でも、経年劣化によって起きる消耗(通常損耗)についても原状回復の対象となるので、契約内容については注意が必要です。"

現状回復工事を依頼できる業者って?

"原状回復工事を実施することになった場合、依頼できる専門業者を探す必要があります。と言うのも、どこからどこまでを回復させ、どういった仕上がりにするか、といった内容は契約ごとに異なります。最悪の場合、回復工事を実施したにも関わらず、更に修繕を求められるような結末になりかねないのです。
そんな問題を防ぐためには、工事を実施する前の打ち合わせなどに綿密に参加して貰うことが大切です。こういった工事の内容については、専門家以外には分からないことが多いので、貸主側の要求の適正さを判断できるような人材が欠かせません。
内装の解体作業や撤去作業だけでも多額の費用がかかります。しかし、単純に格安で行うだけでなく、技術や人柄を見て信頼できる業者を探すと良いでしょう。"
ページ上へ