『秋葉原』『神田』の賃貸事務所・オフィス・店舗物件

ALDO株式会社

『秋葉原』『神田』の賃貸事務所・オフィス・店舗物件などをご紹介させていただきます。千代田区の物件をお探しの方はALDO(アルド)株式会社にお任せを!懇切丁寧がモットー!仲介手数料最大無料です!

ALDO株式会社
営業時間:10:00 ~ 19:00
定休日:日曜日

03-3525-4149

不動産ナレッジ・データベースALDOCKS(アルドックス)

トラブルにならないために!AirBnBに関する法律まとめ

Rankingコスト管理トラブルにならないために!AirBnBに関する法律まとめ

AirBnBは個人間で空家や空き部屋を活用し、宿泊する人専用のインターネットサイトです。新しい形の宿泊方法であるため実際には近隣トラブルなども報告されています。上手に利用して出来るだけトラブルは避けたいものですが、現状はどのような法律と関わりがあるのでしょうか。

知っておきたい旅館業法

旅館業は許可制であり、都道府県知事、市長または区長の許可が下りなければ営業できません。規制の対象になる業種はホテル、旅館、簡易宿泊所、下宿の4種類です。法律では施設を設け、宿泊料を受けて、人を宿泊させるために営業をすることであり、事業規模であること、事業の反復継続の意思があること、宿泊者が不特定多数であること、と定義されています。また、宿泊期間においては1ヶ月未満とされており、下宿の場合のみ1ヶ月以上の期間と明示されています。また、簡易宿泊所の中には山小屋、スキー小屋、カプセルホテル、ユースホテルなどが含まれています。仮に無許可で営業したと判断された場合には法律違反となり懲役6ヶ月以下または罰金3万円以下となります。

AirBnBの法的リスク

AirBnbは個人間でインターネットを介し宿泊者の募集と宿泊の申込を行い、主に一般の一戸建てやマンションの一室の全てまたは一部を宿泊者に貸し出します。宿泊料は有料です。AirBnBのような形式が旅館業法などの法律に抵触するかどうかですが、現在政府による旅館業法に対する規制緩和が予定されています。その中で、厚生労働省所轄で検討されているのが一般住宅や遊休別荘などを宿泊として貸し出すこと、インターネットを利用した宿泊客の集客を許可するかどうかという内容です。検討の理由としてAirBnBなどの新しい形態がでてきたことにより実態として既に普及してきていることが背景としてあります。さらに旅館業法との兼ね合いもあることから、旅館業法自体を改正して対応することも含め検討に入る方向です。現時点でのAirBnBの法的リスクはグレーゾーンといえます。

結局のところ違法性は?

AirBnBのような新しいビジネスモデルは、ある国では違法性がないとされて普及しているとはいっても、日本での法律に抵触するかどうかで決まりますので、今後の旅館業法の規制緩和の動向次第であるということがいえます。まずは厚生労働省と関係省庁が連携して実態を把握し、既存のホテル、旅館などの宿泊施設の競合状態や、海外から日本への観光客の急増による宿泊施設不足の状況などを鑑みながら最終的な結論がでてくると思われます。もし、AirBnBを個人で利用して宿泊者を受け入れたいと考えているのであれば、頻繁に正しい情報を得ることが必要となるでしょう。情報元は信頼できる法律事務所などから得るようにすることをお勧めします。"
ページ上へ